カイロプラクティックの総合情報を知りたいならココ! カイロジャパンどっとコム

系統種類 カイロ豆知識 カイロプラクター 職業知識
カイロ辞書 最新情報 質問掲示板

カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 治 療
 100年以上の歴史の中でカイロプラクティックのテクニックは、カイロプラクターの治療経験と理論、科学の進歩と共に、徐々に発展を遂げてきました。またカイロプラクティックの科学的研究によりその治療の有効性が徐々に解明されてきています。

・ニュージーランド政府報告(1979年)
・マンガ報告(1993年&1998年)
・米国AHCPR「成人の急性腰痛治療ガイドライン」(1994年)
・米国政府RAND研究所報告(1997年)
・ケベック州むち打ち症報告(1995年)
・カナダ、オンタリオ州政府調査報告(1993年)
・英国医学研究調査委員会報告(1993年)

・英国腰痛運動とマニピュレーションの無作為試験(2004年)
・慢性非特異的腰痛管理ヨーロピアンガイドライン(2006年)
・米国内科学会および米国疼痛学会による統合臨床診療ガイドライン(2007年)


下の項目をクリックしてください。
カイロ治療方法
_____
テクニックの種類
カイロプラクティック治療の適応症と禁忌症
カイロプラクティック治療の適応症

頭痛
 
(頭痛にも様々な種類があり、外傷を除いた頚部の関節や筋肉の原因による頭痛など。)
首の痛み
ムチ打ち症
 (交通事故の後遺症など。)
肩こり
腰痛
 (疲労、運動不足、悪い姿勢が原因の肩こり。但し、内臓から来る場合は省く。)
手足のしびれ
坐骨神経痛 
(坐骨神経痛の中でも、主に腰部、骨盤の筋肉関節からくるもの。)
生理痛
 
(子宮以外の骨盤の構造問題であれば効果が期待できます。)
冷え性 (循環器系の問題も神経系の正常化により改善が期待されます。)
便秘
 
(腸の病気ではなく、腰部や骨盤の関節の異常から来る場合には効果があります。)
猫背
 
(姿勢改善はカイロ治療の得意分野です。)
疲労 
(精神的、肉体疲労と、神経系の働きを正常にすることによって自然治癒力を高めます。)

場合によってはカイロプラクティック治療の適応である症状
専門医との協力が必要な場合

脊椎すべり症
 (すべり症自体痛みを伴うとは限りませんが、痛みがある場合、軽減が期待できます。)
側弯症 (側弯改善より、胸腰部の動きの改善。)
軽度の椎間板ヘルニア (椎間板がひどく突出していない場合、治療での改善が期待できます。)
O脚やX脚 (先天性の骨の奇形によるものではなく姿勢構造からくる場合は改善の可能性あり。)
自律神経失調症 (カイロの治療で交感神経と副交感神経のバランスを安定させる可能性があります。)
喘息 (胸部関節の問題から起こる場合がある。)
顎関節症 (顎関節の問題は噛み合わせからくる場合や上部頚椎の異常から来る場合もあります。)
変形性関節症 (変形した関節はもとに戻りませんが、関節の緩和操作で痛みを和らげることが出来ます。)
軽度の内臓疾患

カイロプラクティック治療の禁忌症
専門医への紹介

癌や腫瘍、脳梗塞その他難病
 
重度の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など (椎間板の明らかな突出で症状が重い場合)
伝染病、高熱や出血を伴う病気
重度の内臓疾患
 
*外傷やカイロ治療禁忌症の場合は、まず病院やかかりつけのクリニックで診断を受けてください。

[参考]
・HP「カイロプラクターの部屋」・Chiropractic in Japan
・HP「諸外国の公的調査報告」・Chiropractic Profession in Japan
・HP「Government Studies」・Chiropractic Diplomatic Corps
・HP「世界のカイロ最新情報」・カイロプラクティック大事典
・HP・「カイロニュース」・カイロプラクティックインフォメーション
・HP・「研究報告」・日本カイロプラクターズ協会
©2008 ChiroJapan.Com